協力会社 採用情報

鉄と未来をサポートする企業

品川ロコー株式会社

JFEスチール西日本製鉄所福山地区内の各セクションで、設備・機械を使用した耐火物施工・整備、クレーンオペレーション、工作物の製作加工ほか各種築炉工事・小規模焼却炉・JR向けレールポイント用給油装置(自社特許)の販売・製缶加工品等の設計製作と据付工事、不動産賃貸等。

会社概要

名 称
品川ロコー株式会社
沿 革
1965年 品川保全工事株式会社 設立
1968年 品川キルン株式会社 設立
1973年に両社が合併し、品川ロコー株式会社を設立
設 立
1965年10月1日
代表者
代表取締役社長 黒瀬 芳和
資本金
1億円
株 主
品川リフラクトリーズ株式会社
従業員数
380名 (2019年4月1日現在)
売上高
46億円 (2018年度)
所在地・本社
広島県福山市鋼管町1番地

主なビジネス分野

エネルギーづくりを支える
メンテナンスの重要部門

製銑コークス室

JFEスチール株式会社西日本製鉄所福山地区では現在9炉団、499門のコークス炉が稼動しています。当社はコークス炉のクラック、損傷箇所の溶射補修を中心に、炉体、原料炭装入口、炉蓋等の整備を熟練の技術力によって担っています。

製銑コークス室

素材を鉄鋼の生産現場へと
導く、高度な技術集団

製銑高炉室

JFEスチール株式会社西日本製鉄所福山地区では、現在3基の高炉が稼動しています。高炉から生まれた1,500℃の溶銑を次工程へ導く樋は、その溶銑の流れによって侵食・損傷されます。当社はこの樋の整備を始め、高炉関連施設の整備メンテナンスを担っています。

製銑高炉室

先輩達の声

仕事も自分の時間も
両方大切にできる社風です

柏原 和幸さん
製銑高炉室 2008年入社

柏原 和幸さん

会社内の雰囲気が明るく、お互いになんでも話し合える空気感なので、現場から出た意見や要望もきちんと受け止めて前向きに検討し、すぐに反映する会社の組織作りができていると思います。また、福利厚生がしっかり充実していて希望の休みも取りやすく、家族サービスの時間や趣味の時間を充実させることもできます。当社なら、公私共に充実した生活を送ることができるはず。資格や免許を現場で活かせるのも、この仕事の大きな魅力ですね。

お客様から感謝されることが
なによりも嬉しい

曾根 純一郎さん
製銑コークス室 2007年入社

曾根 純一郎さん

自分たちの持っている技術を活用して、炉の補修やメンテナンスを行っています。メンテナンスの後で操業が円滑にできるようになってクライアントから感謝されることが大きなやりがいになっています。当社が培ってきたこの技術力を更に発展させ、福山だけでなく日本中、世界中で力を発揮できる会社へ成長させていきたいと考えています。そのためには若い人たちの力が必要不可欠です。これからの品川ロコーを作るために、皆さんの力を貸してください。

福利厚生

  • 健康保険
  • 厚生年金保険
  • 雇用保険
  • 労災保険
  • 時間外・休日労働の割増手当
  • 深夜手当
  • 特別出勤手当
  • 通勤交通費等
  • 住宅補助手当 ※寮・社宅制度など
  • 家族手当(配偶者・被扶養者を対象)
  • 育児休暇、介護休暇
  • 特別休暇(リフレッシュ休暇)
  • 慶弔休暇
  • 積立休暇(保存休暇制度)
  • その他
    (育児・介護による時短勤務、 財形、賞与DCほか)

教育制度

OJTをベースとした研修

採用初年度は職場でのOJTを基本とした人材育成教育を行っています。その他に入社1・3年未満教育、年代別教育を実施し必要とされる知識の習得を行っています。

その他スキルアップ研修

階層別教育として監督者年間教育(Kコース・Sコース)を設けて、階層ごとに必要とされる知識やビジネススキルの習得を行っています。また、外部研修会(コーチングスキル研修等)にも会社支援のもと積極的に参加しています。

採用担当者からのメッセージ

私たち品川ロコー株式会社は「鉄と未来をサポートする企業」として事業展開しています。私たちがこれまで培ってきた耐火物施工の高い技術の維持と、その向上を図るために、社員一人ひとりの能力を発揮しやすい職場作りを行っています。これからの新しい時代を切り開くために、様々な経験とチャレンジ精神を持った人材を求めています。皆さんに楽しく元気よく働いていただくために、風通しのよい職場環境作りと労働条件向上を心掛けています。また、一人ひとりの個性を尊重すると共に、皆さんの能力向上を図る施策も行っています。私たちと一緒に、未来の品川ロコーを作っていきましょう!

職場紹介動画

ホームページはこちら

関連企業