• 拠点情報
  • サイトマップ
  • Language
  • Yahoo! JAPAN

    • このサイト内を検索
    • ウェブ全体を検索

PC版

MENU

大会結果

JFEスチール競走部

2021年度大会結果

ダン選手2種目優勝と21年ぶりの大会新で最優秀選手賞に!!
5選手が自己ベスト更新・3種目8名が入賞!!

■ 第60回中国実業団陸上競技選手権大会結果

期  日 5月8日(土)・15日(土)・16日(日) 場  所 みよし運動公園陸上競技場(三次市)

成  績

■5000m (5/8) ◎=自己新記録
優 勝 ダン・キプランガット 13分44秒87  
第6位 風岡  永吉 13分57秒90  
第7位 斉藤  翔太 14分01秒47  
第8位 上坂  優太 14分06秒35  
  大森   樹 14分09秒56  
  川平  浩之 14分12秒72  
  岩崎  大洋 14分13秒83  
  櫻井  亮也 14分21秒07 ◎=1秒38短縮
  今西  洸斗 14分38秒31  
  岩田  拓海 14分40秒04  
  堤   悠生 15分03秒60  
  伊原  直斗 15分17秒33  
 
■10000m (5/15)  
優 勝 ダン・キプランガット 28分01秒19 (大会新)
第3位 風岡  永吉 28分34秒44 ◎=5秒51短縮
  斉藤  翔太 28分52秒54  
  川平  浩之 29分01秒20 ◎=7秒65短縮
  大森   樹 29分17秒82  
  岩崎  大洋 29分41秒95  
  櫻井  亮也 29分47秒51  
  岩田  拓海 29分54秒93  
  上坂  優太 30分07秒07  
  堤   悠生 30分45秒01  
  今西  洸斗 31分01秒35  
  伊原  直斗 33分31秒52  
 
■1500m (5/16)  
第6位 今西  洸斗 3分57秒44 ◎=1秒39短縮
第8位 櫻井  亮也 3分58秒38 ◎=15秒69短縮
  川平  浩之 4分03秒46 ◎=4秒84短縮
  岩崎  大洋 4分04秒99 ◎=8秒00短縮
  上坂  優太 4分15秒25  
・優 勝 ドナルド・ミティ (中電工) 3分46秒06
 
■4×400mリレーB (5/16)
第4位 JFEスチール
(今西-川平-岩崎-櫻井)
3分43秒62  
 
5000m トップでゴールするダン選手
5000m トップでゴールするダン選手
 
上位で安定した走りを見せた斉藤選手(6)、川平選手(18) 2種目入賞し10000mで自己新をマークした風岡選手
上位で安定した走りを見せた斉藤選手(6)、川平選手(18) 2種目入賞し10000mで自己新をマークした風岡選手
 
☆レースメモ☆

<5000m>初日の5000mは3組のタイムレースで行われ当部からは12名全員が出場しました。最終組ではダンがスタートから先頭に立ち、1周66秒前後のペースで走り、その集団に風岡、斉藤、上坂、川平、大森がつきました。3000m以降集団がばらけ先頭集団はダンと風岡を含む6名程度に絞られました。4000mを過ぎダンがペースアップし後続を引き離し優勝しました。6位に風岡、7位に斉藤、8位に上坂がはいり、4名が入賞を果たしました。また、1組目では岩田が組の1着に、2組目では櫻井が同種目今季2回目の自己ベストを更新しました。
<10000m>2日目の10000mは雨の中2組のタイムレースで行われ、当部からは2週連続で全選手が出場。2組目は、ダンが1000m過ぎから独走態勢にはいり、5000mを13分52秒で通過し、後半も好走を見せ当部に所属していたラバン・カギカ選手の大会記録を21年ぶりに更新し、5000mに続いて二冠を達成しました。ダンは2種目優勝と大会新記録樹立により男子の最優秀選手賞に選ばれました。
風岡、斉藤は第二集団で5000mを14分09秒と好ペースで通過し、後半まで日本人選手トップ争いを繰り広げました。風岡は2位の岡本選手(中国電力)に続いて3位でゴールし、見事自己ベストを更新。斉藤は9位と入賞にはあと一歩届きませんでしたが、28分台をマークしました。また川平も後半粘って走り自己ベストを更新しました。 <1500m>3日目の1500mには若手選手5名が出場し今西が6位、櫻井が8位に入賞しました。また今西、櫻井、川平、岩崎の4選手が自己ベストを更新しました。

 

皆様のご声援、誠にありがとうございました!!