• 拠点情報
  • サイトマップ
  • Language
  • Yahoo! JAPAN

    • このサイト内を検索
    • ウェブ全体を検索

PC版

MENU

大会結果

JFEスチール競走部

2021年度大会結果

地元広島開催 織田記念陸上でダン・風岡が好走!!
川平・岩田の2選手が自己ベスト更新!!

■ 第55回織田幹雄記念国際陸上競技大会結果

期  日 2021年4月29日(木・祝) 場  所 エディオンスタジアム広島(広島市)

成  績

■ノングランプリ5000m ◎=自己新記録
第3位 ダン・キプランガット 13分40秒90  
第7位 風岡  永吉 13分55秒40  
  斉藤  翔太 14分00秒65  
  川平  浩之 14分01秒47 ◎=0秒51短縮
  上坂  優太 14分17秒15  
  岩田  拓海 14分19秒39 ◎=13秒55短縮
  岩崎  大洋 14分20秒99  
  櫻井  亮也 14分38秒12  
  今西  洸斗 14分44秒57  
 
優勝 コスマス・ムワンギ(世羅高校) 13分22秒80
 
今シーズン初レースで好走したダン 自己ベストを更新した岩田
今シーズン初レースで好走したダン 自己ベストを更新した岩田
 
☆レースメモ☆

日本グランプリシリーズの一つ織田記念陸上で、ノングランプリ種目男子5000mに当部から9名が出場しました。レースは2組のタイムレースで行われ、1組目には、斉藤、風岡、川平、上坂、ダン、岩崎の6選手が出場。スタートからダンと風岡は、先頭集団につけ1000mを2分39秒で通過、その他の選手は中段に位置取りをしてレースを進めていました。1000m過ぎでムワンギ選手がペースアップすると集団が崩れ、ダンはミティ選手(中電工)と競り合いながら3000mを8分07秒で通過。風岡はダンの後方集団につけて3000mを自己ベストを上回る8分15秒で通過しました。ダンはミティ選手に終盤離されたものの3位でゴール。風岡も粘り強く走り、13分55秒台で7位に入りました。また斉藤が14分00秒台、川平も自己ベストを更新し14分01秒台をマークし、13分台にはわずかに届きませんでしたが、次のレースにつながる走りを見せました。
続く2組目には、岩田、今西、櫻井の3選手が出場。岩田はスタートから集団の中程につけ、終始レースの流れに上手く乗り、大幅に自己ベストを更新し組の7着でゴールしました。

 

皆様のご声援、誠にありがとうございました!!