• 拠点情報
  • サイトマップ
  • Language
  • Yahoo! JAPAN

    • このサイト内を検索
    • ウェブ全体を検索

PC版

MENU

ニュースリリース


JFEスチール株式会社

西日本製鉄所(倉敷地区)電磁鋼板製造設備の増強について

このたび当社は、西日本製鉄所(倉敷地区)の電磁鋼板(※1)製造設備の増強を決定しました。

カーボンニュートラルに向けた取り組みが全世界的に進む中、自動車の電動化に向けた流れが加速しています。今回の決定は、電動車の駆動モータに不可欠な高級無方向性電磁鋼板に対する需要の増加に対応するためのものです。

自動車の電動化、エネルギー利用の高効率化、および再生可能エネルギーの導入拡大に伴い、高級電磁鋼板に対する需要の増加が全世界的に継続することを見据え、今後もさらに資本を投入し、無方向性電磁鋼板と方向性電磁鋼板の供給能力を増強していきます。

当社は今後とも、国内製造基盤の強化を継続し、世界トップクラスの製造実力をさらに向上させるとともに、CO2排出量削減に寄与するエコプロダクトの供給を拡大していくことで、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

(※1)電磁鋼板
鉄にSi,Al等を添加した材料で、高磁束密度かつ低鉄損という優れた磁気特性を有します。全方向にほぼ平均的に優れた磁気特性を有し、モータなどの鉄心材料として用いられる無方向性電磁鋼板と、一方向(圧延方向)に極めて優れた磁気特性を有し、変圧器などの鉄心材料として用いられる方向性電磁鋼板の2種類があります。

 

【概要】増強する電磁鋼板製造設備

総投資額 :約490億円
稼働時期(予定) :2024年度上期
製造能力(予定) :高級無方向性電磁鋼板の製造能力を現行比2倍に増強
本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株)総務部広報室 TEL 03(3597)3166

ニュースリリース一覧へ戻る