土木製品FAQ| 土木 | 製品情報 | JFEスチールJFEスチール株式会社
  • 拠点情報
  • サイトマップ
  • Language
  • Yahoo! JAPAN

    • このサイト内を検索
    • ウェブ全体を検索

PC版

MENU

土木製品FAQ

Q1 基礎杭に用いられるSKKとSTKの違いについて教えてください。
A

SKKは鋼管ぐいのJIS規格で、STKは一般構造用炭素鋼鋼管のJIS規格です。
JIS A 5525:鋼管ぐい(SKK)
JIS G 3444: 一般構造用炭素鋼鋼管(STK)
一般的に、基礎杭にはSKKを使用しますが、外径318.5mm未満の基礎杭の場合はSTKも使用できます。

SKKとSTKの主な違いは寸法許容差の設定です。
SKKは杭としての使用性に配慮されており、「現場円周溶接部の端面の目違い、端面の精度(平面度、直角度)、横曲がり、開先」などの寸法許容差が設定されています。また、SKKの「外径、厚さ、長さ」の寸法許容差は、STKのそれらより厳しく設定されています。
STKを基礎杭として使用する場合は使用者様にて適用性をご判断いただき、その杭の用途に合った寸法許容差を検討いただくことをお勧めします。

表1-1. SKKとSTKの寸法許容差の違い1),2)

SKK JIS A 5525(鋼管ぐい) STK JIS G 3444
(一般構造用炭素鋼鋼管)
外径(mm) 管端部のみ規定 ±0.5% 50 ≦D:±1%
※継ぎ目無鋼管または特に指定がない場合
厚さ(mm) +は規定なし
t<16 D<500 -0.6
   D<800 -0.7
   D≦2000 -0.8
16 ≦t D<800 -0.8
D≦2000 -1.0
4≦t<12 m:+15%,-12.5%
12mm≦t:+15%,-1.5mm
※継ぎ目無鋼管以外で特に指定がない場合
長さ(mm) +規定せず、-0
※受渡当事者間の協定で+規定せず、-50mmを適用してもよい
+規定せず、-0
※受渡当事者間の協定によってもよい

※JIS A 5525:2019(鋼管ぐい)、JIS G 3444:2015(一般構造用炭素鋼鋼管)より抜粋

参考文献
1)JIS A 5525:2019(鋼管ぐい)
2)JIS G 3444:2015(一般構造用炭素鋼鋼管)

Q1 鋼矢板の型式はどう使い分けますか?
A

400mm幅の鋼矢板(JFESP-2,3,4)は主に仮設材として使用します。500mm幅の鋼矢板(JFESP-5L,6L)、600mm幅の幅広鋼矢板(JFESP-2W,3W,4W)、900mm幅のハット型鋼矢板(JFESP-10H,25H)は本設材として使用します。壁として必要な性能および経済性によって各用途内での型式を選定します。

表1-1 鋼矢板の断面性能一覧1)

型 式 寸 法 鋼矢板1枚当たり 壁幅1m当たり
有効幅
W
(mm)
有効
高さ
h
(mm)
厚さ
t
(mm)
断面積
×10−4
(m2
断面二次
モーメント
×10−8
(m4
断面係数
×10−6
(m3
単位質量
(kg/m)
断面積
×10−4
(m2/m)
断面二次
モーメント
×10−8
(m4/m)
断面係数
×10−6
(m3/m)
単位質量
(kg/m2
塑性断面係数
/弾性断面係数
(Zp/Ze)
JFESP-2W 600 130 10.3 78.70 2,110 203 61.8 131.2 13,000 1,000 103 1.13
JFESP-3W 600 180 13.4 103.9 5,220 376 81.6 173.2 32,400 1,800 136 1.14
JFESP-4W 600 210 18.0 135.3 8,630 539 106 225.5 56,700 2,700 177 1.18
JFESP-2 400 100 10.5 61.18 1,240 152 48.0 153.0 8,740 874 120 1.14
JFESP-3 400 125 13.0 76.42 2,220 223 60.0 191.0 16,800 1,340 150 1.13
JFESP-4 400 170 15.5 96.99 4,670 362 76.1 242.5 38,600 2,270 190 1.14
JFESP-5L 500 200 24.3 133.8 7,960 520 105 267.6 63,000 3,150 210 1.16
JFESP-6L 500 225 27.6 153.0 11,400 680 120 306.0 86,000 3,820 240 1.18
JFESP-10H 900 230 10.8 110.0 9,430 812 86.4 122.2 10,500 902 96.0 1.16
JFESP-25H 900 300 13.2 144.4 22,000 1,450 113 160.4 24,400 1,610 126 1.15

U形鋼矢板(JFESP-2,3,4)、ハット形鋼矢板 (JFESP-10H,25H)

参考文献
1)JFESP® JFEの鋼矢板
カタログはこちら

Q1 鋼管矢板の継手の使い分けを教えてください。
A

一般的に鋼管矢板の継手は、その用途・使用目的に応じて適切に選定します。
用途・構造物ごとの選定の目安を表1-1に、各継手の形状を表1-2に示します。

壁用途に着目すると、港湾分野の護岸・岸壁ではL-T形が、道路・鉄道分野の護岸・擁壁ではP-T型が多く採用されています。
基礎用途では、遮水性能が求められるので、モルタル詰めを併用したP-P型が採用されます。

表1-1 一般的な用途分類

用途 構造物 継手
本設 土留め、擁壁、仮締切り、護岸、岸壁 P-P形、P-T形、L-T形
基礎 本仮設兼用 鋼管矢板基礎 P-P形
その他 仮設 パイプルーフ L-L形

表1-2 継手形状と寸法表示1)

継手形状 継手寸法
mm
単位質量
kg/m
摘要
イメージ:(a)L-T型 L - 65 × 65 × 8
T - 125 × 9 (× 39× 12)
15.3
12.7
L : A × C × t
T : B × t2 (× H × t1)
L - 75 × 75 × 9
T - 125 × 9 (× 39× 12)
19.9
12.7
L - 100 × 75 × 10
T - 125 × 9 (× 39× 12)
26.0
12.7
イメージ:(b)P-P型 φ 165.2 × 9
φ 165.2 × 11
34.7
41.8
P : D × t
イメージ:(c)P-T型 φ 165.2 × 9
T - 76 × 85 × 9 × 9
34.7
10.9
P : D × t
T : H × B × t1 × t2

参考文献
1)JFEの鋼管矢板 
カタログはこちら

このページの上部へ